グルコサミンサプリメントの比較

よく売れている人気のグルコサミンサプリメント5つを徹底比較しました。

 

キユーピーアヲハタのヒアルロン酸&グルコサミン

  • マヨネーズでおなじみのキューピーが開発したサプリメントです。他社製サプリと比較しての特長は高純度のヒアルロン酸がたっぷりと含まれている点です。
  • 通常価格6,156円
  • 含有量 600mg
  • 1日当たり 195円(定期購入の場合)
  • 特典・キャンペーン 初回は半額3,078円購入可 定期購入なら5,848円
  • グルコサミン以外の成分 ヒアルロン酸200mg、コンドロイチン硫酸60mg
  • 商品のポイント 
  • 販売元 株式会社トウ・キユーピー

ヒアルロン酸とグルコサミンを比較

キユーピーオリジナルヒアルロン酸たっぷり200mg配合したグルコサミンサプリ

 

 

新軟骨成分配合「北国の恵み」

  • グルコサミンに代わる新しい軟骨成分プロテオグリカンを主体にしたサプリメント
  • グルコサミンと比較した場合、プロテオグリカンは何が違うのかと言えば、体内の軟骨を構成している成分は厳密にはプロテオグリカンで、グルコサミンはプロテオグリカンを構成する一成分なのです。
  • この二つを比較してどちらが効果的なのかは判断できませんが、今までグルコサミンが合わなかったという人には試してみることをおススメします。
  • 通常価格5,960円
  • 1日当たり 166円(定期購入の場合)
  • 特典・キャンペーン 定期購入なら4,990円、さらに3個まとめての定期購入は1個につき約1,300円お得に 480円で10日間お試しモニターができる
  • 販売元 株式会社ウェルヴィーナス

プロテオグリカンとグルコサミンを比較

新軟骨成分プロテオグリカン配合「北国の恵み」480円モニター

 

 

深潤EX

  • プロテオグリカンとU型コラーゲンを含有したサプリ、グルコサミンサプリと比較してみるならカニエビアレルギーの方でも安心して利用できるところウリのひとつです。
  • 通常価格 4,980円
  • 1日当たり 92円(定期購入)
  • 特典・キャンペーン 定期お届けコースを申し込めば初回分が40%OFFに
  • 成分 プロテオグリカン25mg UC-U40mg
  • 販売元 株式会社ブレーンコスモス

コラーゲンが入ったグルコサミンサプリ

関節の悩みから解放★最新軟骨成分配合/深潤EX

 

 

やわた【国産グルコサミン】

  • これまでの販売個数は1,000万袋以上の人気グルコサミンサプリメント
  • 通常価格2,160円
  • 1日当たり 65円(定期購入時)
  • 配合成分 グルコサミン750mg コンドロイチン15mg ヒアルロン酸3mg
  • キャンペーン・特典 
  • 販売元 八幡物産株式会社

やわたのグルコサミンサプリの比較

メーカー直産だからとにかく安い!国産グルコサミン

 

 

UMIウェルネス株式会社のN-アセチルグルコサミン

  • 通常のグルコサミンサプリメントに使われているグルコサミンは自然界に存在しない成分を採用していますが、N-アセチルグルコサミンは自然界にある物質を使った天然素材の成分です。その結果他のグルコサミンサプリと比較して体内吸収率がおよそ3倍になるというメリットがあります。
  • 通常価格4,073円
  • 1日当たり 135円(定期購入なら)
  • キャンペーンと特典 定期購入にしたなら1袋10%OFFに初回の購入分が半額2,036円
  • 販売元 UMIウェルネス株式会社

Nアセチルグルコサミン比較チェック

初回購入50%OFF!「特許取得の天然型グルコサミン!」

 

グルコサミンサプリメントを選びのポイントとは

ここではグルコサミンの原料の違いに目を向けてみましょう。
世に出回っているグルコサミンの原料には二つあって、そのうちの一つは動物性のグルコサミン、そしてもう一つは植物性のグルコサミンです。
現在市販されているグルコサミンサプリメントのほとんどは動物性グルコサミンを原料として、植物性の原料を使ったいるグルコサミンサプリはわずかしかありません。

 

ではこの二つを比べてみると何が違うのでしょうか?
実際に動物性グルコサミンと植物性グルコサミンの比較研究を行った結果として、動物性のほうが植物性に比べると体内への吸収が良いということが分かりました。動物性グルコサミンはエビやカニなどの甲殻類から抽出してグルコサミンを生成していますから、甲殻類アレルギーの方は避けたほうが賢明です。甲殻類アレルギーの方は植物性グルコサミンが選択肢となります。

 

また、サプリメントに含まれているグルコサミンの量にも注目してください。グルコサミンの含有量が多ければ多いほど良いというものではありません。グルコサミンは通常1日当たりの摂取量が1,500mgを使用を基準にして試験が実施されています。ただ体重などで多少の違いが生じることも頭に入れておきましょう。
購入を検討しているサプリにはグルコサミンのほかにどんな成分が入っているかもチェックしてください。なぜならコラーゲンやコンドロイチンなどと同時に取り入れることでさらに良い影響があることが分かったいるからなのです。そしてもちろん添加物を使用していないことが安心できるグルコサミンサプリメントの選び方と言えます。

 

 

グルコサミンサプリメントを摂取する上での注意事項

グルコサミンは1日どれくらい取り入れたらいいの?
という疑問がわいてくることでしょう。
日本の厚生労働省で決められたはっきりとして基準摂取量などはありませんが、大体の目安は1,000mg〜1,200mgが一つの目安ではないかと考えられていますが、前述のようにグルコサミンの臨床試験は1,500mgに設定して実施されています。適正量は体重の違いにより増減するとも考えられています。例えば、体重が軽めの人なら1,000mg程度、重い人なら2,000mgという風にも考えられています。
でもこれだけの量をサプリメントで補おうとすると毎日10粒以上飲まないとなりませんから、現実的には不可能に違いでしょうし、仮に過剰摂取してしまうことで人体に害を及ぼしてしまうリスクもあります。そしてサプリメントに含まれているグルコサミン以外の成分についても確認しておきましょう。過剰摂取することで副作用など起きてしまうものもありますから十分に注意しながら取り入れましょう。
グルコサミンの副作用が不安
もともとグルコサミンは体の中で生成されている成分なので少しくらい多く摂取したとしても問題がないと言われていますが、グルコサミンの場合は過小摂取と過剰摂取を比較すると取りすぎによる過剰摂取が原因による副作用が懸念されています。
また一般的にグルコサミンサプリメント利用すること控えたほうが良い方は、
甲殻類アレルギーの方です。
グルコサミンサプリメントの原料にはエビやカニなど甲殻類が使われているからです。

 

さらに注意しなければならない方は次のような方です。

  • 高血圧の方
  • 糖尿病の方
  • 高脂血症の方

病院で処方される血液凝固阻止剤(血液をサラサラにする薬)はグルコサミンと一緒に取ることで効果が増大したり、血圧や血糖値の上昇を招くことがあることが分かっています。すべてそうなるというわけではありませんから、そういった方々がグルコサミンサプリを摂取できないということではありません。必ず医師に相談の上摂取するように心がけることが大切です。

 

健やかな関節を保つためにおすすめの成分を比較

関節の健康を維持する上で役に立つと考えられている成分を比較しながら紹介をしていきたいと思います。
真っ先に思いうかぶのが、グルコサミン、ヒアルロン酸、コンドロイチンですね。
ではそれぞれの違いについて見ていきましょう。

 

グルコサミンの特長、その効果と働き

関節の間に軟骨というのがありますが、軟骨は関節と関節の間にあったクッションとしての働きを担っていて、その軟骨に含まれている成分がグルコサミンです。
軟骨は歳をとるにつれて、また過度なダメージがかかってしまうことで少しずつすり減っていくものなのです。軟骨がすり減ったり損傷してしまうことにより関節の痛みが発生しますが、高齢の方が関節痛に苦しむのはこういった理由からなのです。
関節の成分であるグルコサミンには傷んだ関節を修復したり再生を促進したり、炎症を鎮めるというような働きもあることが分かっています。
ですから、グルコサミンは関節のクッションとして役割がある軟骨の健康をキープする上で最も大切な成分であると言えいます。

 

コンドロイチンの特長や効能

ムコ多糖類の一つです。皮膚や骨、軟骨などのカラダの臓器の中に存在しているのですが、軟骨に存在しているコンドロイチンはグルコサミンから作られているのです。
コンドロイチンは軟骨に水分を運搬して弾力性をアップさせる働きも担っていて、それと同時に軟骨へ栄養素を送り込む役割もあるのです。またその反対に軟骨の不要になった老廃物質を外へ出す作用も持ち合せています。
ひざの関節が滑らかに動くのはコンドロイチンの働きより所が大きいのですね。

 

ムコ多糖類とは

ムコ多糖というのは、私達のカラダの細胞の周囲で、水分(体液)を十分に貯めこんでいる物質なんです。私達は、その水分用いて、細胞に栄養素を送り込んだり、細胞より不必要な廃棄物を取り出したりしつつ、カラダの「循環と代謝」を手助けしているのです。
けれども、このムコ多糖は、25歳あたりから次々と減少し出だし、それといっしょに、身体の中の水分量も減ってしまうのです。これがカラダの色んな異常の元凶となっていると言われているわけです。

 

ヒアルロン酸とは

弾性力を持っていて、カラダの中では関節や皮膚そして眼球に多く存在している成分なのだそうです。また水分を保持する働きも備えているので、ヒアルロン酸がお肌にハリと弾力を与えるというような美容成分として様々なスキンケア商品などで使われている理由です。
また関節の潤滑油に似た働きをしていて関節の動きをスムーズにしてくれます。

 

プロテオグリカンとは

軟骨を形作っている成分がプロテオグリカン、そしてこのプロテオグリカンを作り出しているのがグルコサミンなのです。
またプロテオグリカンの中にはコンドロイチンやヒアルロン酸といった成分が含まれています。
ですから、グルコサミン、ヒアルロン酸、コンドロイチンはどれも密接につながっていることが分かると思います。最近のグルコサミンサプリの成分を比較してみると、グルコサミンだけでなくヒアルロン酸やコンドロイチンなど軟骨の健康を維持するために不可欠な成分もプラスされているものが多くなってきました。
また、プロテオグリカンそのものをサプリメントにしている成分も開発され販売されるようなっています。